セキュリティを強化しよう

プライベートでモバイル端末を使用することが当たり前となった現代、法人でも業務に取り入れる企業が増えています。モバイル端末の良い点は情報を持ち歩けるという点ですが、便利である反面、セキュリティ面を不安視する声は高まっています。企業でモバイル端末を使用する場合には、セキュリティを強化できるデバイス管理システムを導入しておきましょう。

新着記事

ネットセキュリティが甘いとどうなるのか

不正サイトにアクセスすることで、ウイルスに感染したり、端末内の情報を気付かぬうちに盗まれてしまったりすることもあります。万が一情報漏えいが起これば、企業として窮地に立たされることになるでしょう。社員が意図的に不正サイトにアクセスせずとも、知らぬ間にアクセスしてしまう可能性も考えられます。デバイス管理システムの利用制限機能や、端末制御機能を活用して、大切な情報を守りましょう。

デバイス管理システム導入のメリット

PC操作

遠隔操作でロックできる

デバイス管理システムを導入しておけば、遠隔操作で端末にロックを掛けることができます。万が一モバイル端末を紛失したり盗難されたりしたとしても不正利用を防ぐことができるので、社外にも安心して持ち出せるでしょう。

端末機能の利用を制限できる

モバイル端末に備わっている通信機能やカメラ機能を、管理者の権限で一部だけ利用できないように制限できます。一人の管理者が一括で機能制限設定を行えるので、一時的に機能制限を行うなど、柔軟にセキュリティレベルを変えられます。

ウイルスを検知できる

デバイス管理システムには、自動的に不正なアプリケーションを検知したりウイルスを検知したりして知らせてくれる機能が備わっています。ポップアップでお知らせするだけでなく、強制的にインストールを中断するといった対策をとってくれるので、ユーザーが気付かない危険も自動的に回避できます。

アプリの配信ができる

デバイス管理システムは、業務で使用するアプリをモバイル端末に配信することができます。一台一台人の手で設定する必要はないので、アプリを複数台の端末に一括配信したり、反対に不要なアプリは利用禁止に設定したりすることも可能です。

端末の異常を通知してくれる

業務を行っている時は、常にモバイル端末に気を配ってはいられません。少し目を話している間に無通信状態になっていて、重要なメールを受け取りそこねたといったことも珍しくありません。デバイス管理機能は、無通信状態が長く続いたり制限されたりしている機能を利用しようとすると、異常だと判断して通知してくれます。そのため、業務上の重要な情報を逃すといった心配は不要です。

これからの端末管理にはデバイス管理システムの導入がうってつけ!

パソコン

デバイス管理システム導入の流れ

企業で複数台のモバイル端末を一度に導入したいという場合には、デバイス管理システムを専門的に取り扱っているサービスに相談しましょう。モバイル端末は、購入すればすぐに利用できるというものではありません。初期設定やシステムの導入が必要となるので、数百台や数千台にも及ぶモバイル端末を用意することが難しいという企業は、専門業者を頼るといいでしょう。まずは、無料トライアルや資料請求を活用して、自社に合ったシステムを選び出します。セットアップだけを依頼するのか、運用代行もお願いするのか、どこまで業者に任せたいのかといった点を予め決めてから業者に相談すると、スムーズに導入できます。相談の際には一月の利用料やサポート内容など、今後長くシステムを利用することを想定して、不安点や疑問点を解消しておくと安心です。